コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

和銅保勝会とは

コンテンツタイトル下地

和銅保勝会とは

和銅保勝会のご紹介

「和銅古蹟保存会」結成 大正11年(1922年)
秩父市和銅保勝会発足 昭和46年(1971年)
  • 目的

    千三百余年の歴史を持つ和銅遺跡は学術上意義があり、また観光的にも重要な文化遺産である。この和銅遺跡並びにこれに関連する文化財および名勝地の保護顕彰に努め、もってこれが向上発展に寄与し、永く後世に伝えることを目的とする。

  • 事業
    • 和銅遺跡並びに近隣の名勝の保護顕彰
    • 観光的発展の調査
    • 和銅鉱物館の維持運営
    • 和銅遺跡の紹介、見学者の案内
    • その他本会の目的達成に必要な事業

    埼玉県秩父市の上・下黒谷町会の行政担当者、聖神社氏子総代・関係者、町内在住の学識経験者、秩父市在住者で本会の主旨に賛同する人等を構成員に、幅広い活動を続けている文化団体です。登録会員数は、70名~80名で推移しています。

会長挨拶

平城京1300年を記念して各種事業が行なわれ、一躍和銅遺跡も脚光を浴びるようになりました。和銅保勝会としては、標記の通り地道ではありますが、遺跡の保護顕彰に努めてまいりましたが、さらに刀剣女子ブームや御朱印ブームなどが拍車をかけることになり、連日遺跡探訪者が絶えない状況です。

秩父市和銅保勝会 会長 小池 治

和銅保勝会 組織案内

※敬称略

相談役 関根佐平 青木隆人 杉田守正
名誉会長 若林好
会長 小池治
副会長 長島友良(上黒谷町会長) 大浜利重(下黒谷町会長) 増田忠三(聖神社禰宜) 関根博明(聖神社総代長)
広報・渉外部長
遺跡案内部長 杉田守正
施設管理部長
事務局 斉藤晃夫 田口勝 小池慶治

当ホームページについて

著作権について

「和同開珎」ホームページに掲載している写真・画像・文章は、下記の所有者様から使用許可をいただいたものか、秩父市和銅保勝会で撮影・制作したものですので、全ての画像及び・テキストの無断転載をお断りいたします。

リンクについて

当ページへのリンクは下記の要領で、自由に行っていただいて結構です。

ページタイトル 和同開珎
ページ説明文 秩父市和銅保勝会により、「和銅献上」の地「埼玉県秩父」から和同開珎や和銅遺跡の詳しい案内をしています。
リンク先 http://wadohosyoukai.comへ お願いいたします。
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る