コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら
秩父市和銅保勝会:メインイメージ

日本最古の通貨「和同開珎」

慶雲五年、西暦708年に、当時の武蔵国秩父郡(現在の埼玉県秩父市黒谷:和銅遺跡·和銅露天掘り跡)から、和銅(純度が高く精錬を必要としない自然銅)が産出した事を記念して、朝廷は年号を「和銅」と改元し、日本最初の流通貨幣「和同開珎」を発行しました。
和銅露店堀跡(和銅山):埼玉県秩父市黒谷1918 (和銅黒谷駅から25分)

和銅保勝会とは

秩父市和銅保勝会は、「1300年以上もの歴史を持つ和銅遺跡に関する文化財、名勝地の保存顕彰に努めること」を目的として、埼玉県秩父市の上・下黒谷町会の行政担当者、聖神社氏子総代・関係者、町内在住の学識経験者等を構成員に、幅広い活動を続けている文化団体です。

お知らせ
遺跡案内は新型コロナウイルス拡大感染防止を考慮して休止中です

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る